ring choice
MENU

婚約指輪でプロポーズを成功させる|一生一緒にいるための二人の一章

定番のダイヤモンド

婚約指輪の知っておくと良い情報について

結婚式

日本ではプロポーズの際にダイヤモンドの婚約指輪をさし出し、求婚する文化があるのです。これは1970年代に西洋のプロポーズ文化をテレビコマーシャルで行ったことがきっかけで日本中にこの文化が広まったのです。給料の三か月分というキャッチフレーズが印象的であり、今でもこの相場は守られているのです。婚約指輪を購入する際にダイヤモンドリングであれば何でも良いというものではありません。より美しい婚約指輪を女性に贈る為にはダイヤモンドの4Cという国際基準ぐらいは頭に入れてダイヤモンドリングを購入することが大事です。ダイヤモンドは4Cという基準でその価値が決まるのです。研磨のカット、色合いのカラー、透明度のクラリティ、重みのカラットであり、この水準をすべて高水準で満たすものが良いダイヤモンドとされています。

工夫することで得られるメリット

しかしダイヤモンドが4Cを高水準で満たすと、その価格は数百万円を下りません。サラリーマンの給料ではこうしたダイヤモンドを購入できないので、なにか妥協点を見つけて購入しなければいけないのです。ダイヤモンドの輝きは研磨のカットが最も大事だと言われています。そのため後のカラット、カラー、クラリティの水準を少し下げ、カットに最も拘りエクセレントカットのものを選んでダイヤモンドを購入するとよいのです。エクセレントカットであれば眩い七色の偏光を放ち、実際の大きさよりも粒が大きく見えるのです。また予算に限りがある場合はダイヤモンドの台座である地金のランクを落とすと言う方法もあるのです。プラチナではなくホワイトゴールドやシルバー台に変えることでもリーズナブルに婚約指輪を購入できるのです。