ring choice
MENU

婚約指輪でプロポーズを成功させる|一生一緒にいるための二人の一章

NEWS

  • 鐘

    選べるオーダーの種類

    プロポーズする上で大切な婚約指輪は、全てデザインできるフルオーダーからある程度決められたデザインをいくつか組み合わせてつくるセミオーダーがあります。結婚指輪がプロポーズを左右するといっても過言ではありません。

  • 結婚式

    定番のダイヤモンド

    プロポーズをする際、日本では婚約指輪にダイヤモンドがあしらわれた指輪を贈るのが定番化しています。ダイヤモンドは、研磨のカット、色合い、透明度、カラットなどを基準に選ぶと適切です。

  • 新郎新婦

    イニシャルを彫る

    婚約指輪にお互いのイニシャルを彫るオプションは今非常に高い人気を集めています。中には彼女に向けたメッセージの刻印や、誕生石などのシークレットストーンをはめ込むなどのオプションもあります。

BEST

婚約指輪の現状

高価な婚約指輪を渡さないという選択肢

ハートマークと新郎新婦

せっかく指輪を用意しても断られてしまうことになると男性としては痛手であり、なかなかプロポーズに踏み切れない原因ともなってきました。 女性としてはそれが理由でプロポーズしてもらえないのは寂しいところがあるはずですし、もし高価な指輪を買ってもらってもそれが気に入らないデザインであるという場合もあります。 そういったリスクを減らすための工夫として、婚約指輪を渡さないという方法もあります。あえてその場で渡さずに、それから一緒に買いに行くということにすればプロポーズに躊躇する必要もなく、女性側も気に入ったデザインの婚約指輪を手に入れられるのです。

婚約のためのプロポーズのあり方の変化

婚約指輪の相場は概して高いものでしたが、近年ではその相場も低下してきています。その背景として、女性側も高い婚約指輪をもらうよりは、気持ちの方が大事であるという考えを持つ傾向が強まってきているというものがあります。 同様にプロポーズに際して指輪がなくてもよいとか、仮の安い指輪で驚かせてくれれば十分という声も散見されるようになってきており、古くからある婚約指輪を使ったプロポーズのあり方にも変革の時期が到来しています。しかし、婚約の証としての価値は今でもしっかりと文化に根ざしており、事前であれ事後であれ婚約指輪をプレゼントすることをもって婚約したことを世間的に知らせられる状況になるという点は現在でも変わっていません。

PHOTO

  • 鐘
  • 結婚式
  • 新郎新婦